menubtn

Refine Lab

Column

集中収納より分散収納!ちょい掃除のすすめ

モノの管理といえば、同じ種類を一カ所にまとめて収納するのが、在庫の把握がしやすくて楽!
片づけの基本のように思われている方も少なくないですね。

ですが、一カ所にまとめることで、使う場所から離れてしまい、もとの場所に戻せない原因となることがあります。
特に気がついた時にサッと済ませてしまいたい掃除などは、使う場所ごとに分散して収納がおすすめです。

 

  • 汚れは入口でシャットアウト!玄関

 

家の顔とも言われる玄関、いつも綺麗にしておきたいですね。

ですが、玄関は汚れの入り口でもあります。

雨の日にズボンの裾についた泥汚れ、お砂場で遊んだ後のくつ下など、
そのまま家に入ってしまうと泥や砂までも、家の中に連れていくことになってしまいます。

玄関に、汚れを拭くためのウエットティッシュや、砂やほこりをさっと掃き出すためのほうきを置いて、
汚れをシャットアウトしましょう。

 

 

  • ハプニングにも安心♪キッチン

 

食材の袋が破けた!飲み物をこぼした!なんて、急なハプニングが多いキッチン。

掃いたり拭いたりする機会も多いですよね。

また、調理中の水はねや油汚れなど、忙しい場所だけに、ついつい「後でやろう・・。」と汚れを放置してしまいがちです。
気づいた時に掃く・拭くがサッとできると嬉しいですね。

すぐ手の届くところにほうきや雑巾があると便利です。

わが家では、シンク横に小さなほうき、薄手の雑巾をかけています。
気づいたら、掃き掃除ができますし、拭き掃除の後は雑巾を洗って干すまでの作業が1歩も動かずにできるので、
「後でやろう・・。」と思う隙がありません。

 

  • 倒な上り下りで綺麗に!階段

 

ほこりや髪の毛が溜まりやすい階段。

上り下りの時間を活用して、綺麗にしてみてはいかがでしょうか?

階段の手すりに、小さな紙袋やカゴをぶら下げて、中にほこり取り用のシートを入れておきましょう。
こまめに拭いておけば、重たい掃除機を持って上り下りしなくて済みますよ。

 

 

ご紹介した掃除道具のように、使う場所の近くに分散収納することで、使いやすく戻しやすくなる場合があります。
もし、集中収納で戻せないときは、分散収納も取り入れてみてくださいね。

 

 

収納とインテリアで暮らし最適化

株式会社アンジェ・リュクス 佐藤美香

https://angeluxes.co.jp/

  • ライフスタイル

コラム一覧へ戻る