menubtn

Refine Lab

Column

紙袋、レジ袋、ポリ袋は、集中収納より分散収納がおすすめ!

モノの管理といえば、同じ種類を一カ所にまとめて収納するのが、在庫の把握がしやすくて楽!
片づけの基本のように思われている方も少なくないですね。

しかし、色々な用途に使う紙袋・レジ袋・ポリ袋などは、使う場所ごとに分散して収納しておくと便利です。

わが家の収納場所を例にご紹介いたします。

 

・紙袋は用途ごとに分けるのがコツ

 

大きさや素材の違う紙袋、実際に使う時のことを思い浮かべると収納場所も決めやすくなります。
わが家の場合、紙袋の用途は大きく分けて3つ。

 

① おさがりの衣類などを入れる

子供のサイズアウトの服など、まとめて持っていくことが多いため、
厚手の大きな紙袋を使用します。
そのため厚手の大きな紙袋は、クローゼットに収納しています。
服のサイズが合わないと気づいた時にすぐ袋に入れておけるので、
お下がりの渡し忘れなども防げます。

② お菓子を入れる

子供がお友達の家に遊びに行く時にお菓子を持たせるなど、
ちょっとした用事には柄の可愛い小さめの紙袋を使います。
収納場所は、キッチンのお菓子置き場のすぐ横。
「お菓子を出して紙袋に入れる」作業が1度で済みますよ。

③ 資源回収の際に使う

①②以外の紙袋は、雑紙(ミックスペーパー)をまとめて入れ、
資源回収に出すために使用します。
食材が入っていた箱など、キッチンで雑紙がでることが多いので、
キッチンのシンク下にある縦長のスペースに
ストック分と一緒に収納しています。

 

レジ袋は「すぐにとれる」がコツ

 

ゴミ捨てや、濡れた(濡れる)もの・汚れもの(汚れる)を
入れる時に使うことが多いレジ袋。
すぐに取り出せるように、ゴミをまとめる場所の近くや、
お出かけの準備をする場所の近くに収納場所を作っておくといいですよ。
わが家では、ゴミをまとめることが多いキッチン、
出かける時に持って行きやすい玄関に収納しています。

 

・ポリ袋は1枚ずつ出しやすくがコツ

 

下味をつける、保存するなど、調理の際に使うことも多いポリ袋。調理中に片手でも取りだしやすいようにしておくと便利です。
わが家では吊戸棚の扉内側に、専用ストッカーを本来の向きと逆にして取り付けています。

また、ちょっとしたゴミ捨てに使う中古のポリ袋は、セリアの縦置きタイプの「詰め替え用ウェットティッシュ専用」に入れて洗面所などに置いています。

どちらもケースのおかげで、1枚ずつ出しやすくなっています。

 

たった数歩であっても、使いたい時に「わざわざ取りに行く」というのは面倒なものです。

集中収納では使いづらいと感じた時は、ぜひ分散収納も取り入れてみてくださいね。

 

収納とインテリアで暮らし最適化

株式会社アンジェ・リュクス 佐藤美香

https://angeluxes.co.jp/

  • ライフスタイル

コラム一覧へ戻る