menubtn

Refine Lab

Column

季節のイベント雑貨・シーズンスポーツ衣類はまとめて楽ちん収納!

冬のスキーに夏の海水浴、クリスマスやハロウィンなどのシーズンイベント。

年に数回だけ使用する衣類や雑貨を皆さまはどのように収納していますか?
使いたい時に「あれ?どこにしまったかな?」とあちこち探してしまうことも多いのではないでしょうか?

今回は使用頻度が低いけれど、年に数回は使うモノの収納や管理の方法をご紹介します。

 

◆シーズンウェアは片づけまで考えて収納

 

季節のイベントやスポーツの際に着る衣類。

年に数回のモノだからこそ、いざ必要な時にバラバラな場所にしまわれていると、どこにしまったか思い出せないですよね。

我が家ではスキーウェアや水着は出かける時にすぐ持ち出せるようにバッグにひとまとめにしています。
例えばスキーウェアは大きいバッグに家族分を収納。ゴーグルや手袋、スキーの時しか履かない厚手の靴下なども一緒に入れておくと忘れ物がなくなりますよ。

水着は1人ずつ洗濯ネットに入れて保管しています。

シーズンウェアの収納ポイントは、片づけまでの流れを考えた楽ちん収納!
水着の場合、帰宅後すぐにそのまま洗濯機に入れ、ネットと一緒に干せば、しまう時にまた同じセットで元に戻せます。

スキーウェアのバッグにハンガーが入っているのもそのため。

専用のハンガーを一緒にしておくことでかさばるウェアに風を通すのもスムーズにできます。

 

◆季節のイベント雑貨は高いところに

 

季節のデコレーションは「クリスマス」「ハロウィン」「お正月」などイベントごとに1ボックスにまとめます。
その際、ボックスを同じ種類やサイズで統一すると見た目がスッキリします。

飾る・片づけるが年に一度のモノはあえて使いづらい場所に収納。
デットスペースや隙間を有効活用しましょう。

紙製ながら耐久性のあるバンカーズボックスは保管にぴったりのストレージボックス。
他も無印良品やニトリなど、同じ商品が揃えやすいメーカーのものを選ぶといつでも買い足しできていいですよ。

ラベリングやイラストシール、写真を貼りつけるなど、パッと見て中身が分かるように工夫するのも楽ちん収納のコツです。

我が家は本棚の上の隙間スペースを活用。
セリアのPlenty Boxを使用しています。

 

◆管理する量・テーマを決める

 

収納グッズや収納方法と一緒に考えてほしいことは、「管理する量」と「イベントをどう楽しむか」。

オシャレなボックスを揃えても、中身が乱雑で不要なものまで入っていたりすると、飾りつけの段取りも悪く、せっかくのイベントの準備が憂鬱に。
何をどこに飾るか、どんな空間にしたいかを具体的にイメージして、モノを持つ基準をはっきりさせておきましょう。

「お店のように思い切り空間を非日常にしたい!」「暮らしの中にさりげなく取り入れたい!」等、どの程度イベントを楽しむかによって必要なモノの種類や量も変わってきます。

片づけるときは、来年のイベントに向けて物量やグッズを見直すよいタイミング。
来年もまた使いたい、と思うものだけを残して保管します。

片づけが楽になるとフットワークが格段によくなり、イベントもスポーツもより軽やかに楽しめますよ。次のイベントから整えてみてはいかがでしょう。

 

収納とインテリアで暮らし最適化

株式会社アンジェ・リュクス 黒坂 沙由理

https://angeluxes.co.jp/

 

  • 収納計画

コラム一覧へ戻る