menubtn

Refine Lab

Column

あなたに合うお気に入りは?ファイルボックスの選び方

書類整理に便利なファイルボックス。みなさんのお宅にもあるかもしれませんね。
たくさんのメーカーから出ていますが、どれを使っても同じようでいて少しずつ違いがあります。今日は、選ぶときのポイントをお伝えします。

 

 

○縦型?横型?
ファイルボックスには縦型と横型があります。
最初にファイルボックスを選ぶときに考えるのはどちらのタイプにするかということ。
これは置くスペースの奥行きや高さ、使い勝手を考慮して決めます。
低い位置に収納するのであれば、引き出して上から覗く姿勢で書類を探すことになるので、横型のファイルボックスが便利。
また、個別フォルダーを使って管理したい場合もファイルボックスは横型になります。

デルフォニックス ビュローファイルボックス(横型)

横型ファイルボックス

 

 

 

縦型ファイルボックス

これに対してファイルボックスを目線の近くに置くのであれば、横からみる縦型のファイルボックスの方が探しやすくなります。
縦型のファイルボックスは背を手前にして棚に収めれば中身を隠して収納することも可能。
ただこの場合、見栄えはすっきりしますが、出し入れするときに一度ファイルボックスをひっくり返すという手間が増えますので、入れるのは使用頻度の低い書類をおすすめします。

無印良品 ポリプロピレンスタンドファイルボックスA4用・ホワイトグレー

 

 

また、縦型のファイルボックスを選ぶときにぜひ気にしてほしいのは前の立ち上がり部分。手前の立ち上がりという”障害物”がないファイルケースは、スッと引き出すだけでスムーズに書類を取り出せます。これだけで、驚くほど出し入れがラクに感じる方も。横型のファイルボックスを縦に置くことでも、同じような使い方ができますで、お持ちの方は試してみてください。

ステイトファイルケース

 

 

Buro

○カラーバリエーション

1色でずらっと揃えたファイルボックスも整然として素敵ですが、写真でご紹介しているビュローのファイルボックスはカラーバリエーションが全10色と豊富。色違いで並べるのもおしゃれです。人別で色を変えたり、急いで処理する書類を赤いボックスでめだたせたりと、色に意味付けして使うのもおすすめです。

デルフォニックス ビュローファイルボックス(縦型)

 

○素材による違い

ファイルボックスの素材には、紙・塩化ビニール・ポリプロピレン他、様々な素材があります。
例えば、紙製だと比較的安価なモノが多く、軽い・たためるなどのメリットがある反面、丈夫さにおいては劣ります。
一方、人気の高い無印良品のファイルボックスはポリプロピレン製。丈夫でシンプルなので、書類整理で使わなくなってもキッチンや洗面所などの水回り収納を含め、他の用途で使いまわすこともできます。
中身がうっすら見えるから、と半透明を好む方もいらっしゃいます。

特徴はそれぞれですが、どんなによいグッズでも、無計画に買い揃えるのは失敗のもと。
事前にしっかりスペースや使い方、そして物量を整理してからお買い物しましょう。
あなたに合ったお気に入りのファイルボックスを見つけてくださいね。

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 宮嶋ナオコ
http://www.angeluxes.net

 

 

 

  • 収納計画

コラム一覧へ戻る