menubtn

Refine Lab

Column

スッキリ!清潔!省エネ!冷蔵庫のオーガナイズで3つを手にいれる

前回は、吊り戸棚の収納のお話でしたが、今回は冷蔵庫のオーガナイズについて。
先日のキッチン編のセミナーでも冷蔵庫のお話をしましたが、皆さんの冷蔵庫は賞味期限切れの食材などありませんか?
年に何回お掃除していますか?
冷蔵庫は家族の健康を守る場所。いつも使いやすい状態にしておきたいですね。
前回記事はこちら→https://refine-homes.com/column/post-617/

 

○3〜4ヶ月に1回は掃除をかねて全部出しをオススメします

食品を管理する場所は、清潔に保っていたいですよね。お掃除をかねて食品の「全部出し」をしてみましょう。
冷蔵庫は奥が深いので、これもあったんだーなど、意外と忘れているモノも出てきたりします。
お客様の冷蔵庫の中のモノを全部出してみたところ、もらいものが多かったり、味に変化をつけたいと思いついつい珍しい調味料を買い込んでしまっていたりして、結局使わないビンだけ増えていく傾向が見えてきました。
全部出すと自分の買い物の仕方もわかります。

 

 

○セスキ炭酸ソーダ水で拭き掃除

全部出した後のお掃除には「セスキ炭酸ソーダ水」がオススメです。
スプレー容器に水500mlに対し小さじ1の「セスキ炭酸ソーダ」を合わせ、セスキ水を作っておきます。
それを冷蔵庫にさっとスプレーすると、油汚れやプラスティックのベタつき汚れが、あっという間に落ちるので試してみてください。セスキ水は毎日の掃除にも大活躍です。

 

 

 

 

○ゾーニングで見通しの良い冷蔵庫に

ゾーニングとは空間の使い方を用途ごとに分けて考えること。
どの段に何をしまったら使いやすいのか考えて食材を戻しましょう。

 

こちらは整理後の冷蔵庫の写真

一番上は、いただきものエリア

二番目は、味噌や豆腐などの食材

三番目は、作り置きや調理済み食品

四番目は、お子様がお手伝いしやすいエリア

など、ルールを決め、家族にも知らせておくと家族全員が使いやすくなります。

 

 

 

○トレーやカゴを使いましょう

こちらの写真はトレーを使った朝食セットです。
右がパン食の時に使うバターやジャムなどをまとめたトレー。
左が和食の時に使う梅干しなど。トレーにのせただけですが、持ち運びが簡単になります。
また、上段にある味噌や小麦粉は、透明の容器に入れてあるので、在庫管理がとてもしやすくなります。

 

 

 

食材が見渡せて余裕のある冷蔵庫は、容量100%→50%で11%の節電になり電気代も安くなるという試算も出ています。
関西電力HPよりhttps://kepco.jp/energy/shoene/hapielife/chousatai/005
探し物をしない分、扉の開け閉めの回数も減り省エネにつながりますね。
冷蔵庫のオーガナイズで家族の健康を守りましょう!

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 森下純子
http://www.angeluxes.net

 

 

 

 

 

 

  • 収納計画

コラム一覧へ戻る