menubtn

Refine Lab

Column

心地いいと感じるおしゃれな配色のポイント

インテリアはセンスや感覚と思われがちですが実は理論がわかるとおしゃれ度もUP!!
なんかいいなーと思う居心地いい空間は、実はしっかり配色計画が考えられています。
今日は色のバランスについての基本をお伝えします。

○配色の基本について

基本の配色は以下の通り。ここだけ押さえておくだけでもグーンと素敵な空間になります。

ベースカラー   床・壁・天井      70%

アソートカラー  ソファ・家具・カーテン 25%

アクセントカラー クッション・小物・絵  5%

ベースカラーは70%も占めているので床や建具を選ぶときにちょっと寂しいかなーというぐらいの引き算で選ぶと、後から入れるカーテンや家具などが選びやすくなります。
リフォーム時には、残る色もあるのでそのあたりも計算しながら床や壁紙の色を決めたいですね。

○アソートカラーで変わる空間

 

 

※画像はIDC大塚家具:ソファ「デュオ」シリーズよりお借りしています。

上の2つの写真はベースカラー(床・壁・天井)が同じですがアソートカラー(ソファ・カーテン・ダイニングセットなど)とアクセントカラー(クッション・小物)が違います。
同じお部屋でも配色により受ける印象がガラッと変わるのがインテリアの面白いところ。
残したい家具などがあれば、その色を基準に色をコーディネートしていくとおしゃれで整った配色になります。

 

○クロス選びで変わる空間の見え方

クロスはベースカラーになる大事な部分。床や全体のバランスを考え選ぶといいでしょう
黄色みがかったクロスはあたたかくナチュラルな雰囲気に。
青色みがかったクロスはスッキリとしたクールな雰囲気に。

最近はアクセントクロスも流行っています。アソートカラーになる面積を占めるのでアクセントクロスを決める時は、お部屋のアクセントカラーになるクッションや小物が映える色にするといいでしょう。
こちらはアンジェ・リュクスのアトリエの写真です。
グリーンがベースの中間色を選び、飾るアートに合わせてコーディネートしています。
また、この背景と補色(色相環で反対にある色)関係にある革のBKFチェアはカジュアルモダンな雰囲気にぴったりです。

 

 

 

○インテリアコラージュセミナーへご参加ください

11月11日開催のインテリアコラージュセミナーでもインテリアのお話をします。
インテリアの写真や材料を使って素敵なコラージュボードを作りますのでコーデイネーターになった気分で楽しみませんか?

お申込みはこちら↓

https://refine-homes.com/seminar/

 

どんな配色が心地いい空間と感じますか?
まずは基本を取り入れてお部屋づくりに活かしてください。
関連記事:実録!失敗しないおしゃれなアクセントクロスの選び方
https://refine-homes.com/column/post-544/

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 森下純子
http://www.angeluxes.net

  • インテリア

コラム一覧へ戻る