menubtn

Refine Lab

Column

おしゃれなアートや写真を壁に飾る!お家が美術館に大変身!

芸術の秋。各地でアートイベントなど開催していますね。
アートは毎日の暮らしに彩りやインスピレーションを与えてくれます。
日本人は昔から和室に掛け軸や四季の花を飾り、暮らしを楽しんできました。
今は和室がないお宅も多くなりましたが、生活にアートを取り入れて心潤う空間を作りませんか?

 

 

 

 

○壁紙と同じ配色のアートを飾りおしゃれ度が倍増!

アンジェ・リュクス事務所には、中島麦さんのアートを飾っています。
中島さんの作品は小さい作品だと1点1〜2万円ぐらいなので、ポスター+額縁の値段で、世界で1つの自分だけのアート空間が楽しめます。
そして、アートに合わせ壁紙をグリーンに変えたことで、よりおしゃれな空間になっています。
おしゃれ度をアップするには、思い切った配色の壁紙を選ぶのがポイントです。

また、好きなアートを眺めることは暮らしを見つめ直すきっかけにも。
忙しくて余裕のないときに作品から元気をもらったり、心穏やかな気持ちにさせてもらったりすると、自分は毎日どんな風に暮らしたい?とふと問いかけたくなります。

中島麦http://mugiworks.web.fc2.com

 

 

○海外のインテリアのように額縁をたくさん飾ってみる

家にある写真を沢山飾るのもおすすめです。飾るときには海外のインテリアを意識して、いろいろな大きさの額縁を組み合わせて並べるとデザインに深みが出て楽しめます。

 

<並べるときのポイント>

  • まずは床に並べて全体的なバランスを見ます。
  • 縦センターラインを決め、中心から両サイドに同じ寸法を測り、両サイドラインを決めます。
  • 外側ラインから内側に額縁を配置します。
  • 上下にも横センターラインを決め、額縁を並べていきます。この時に全体で逆三角形になるように額縁を揃えるとバランスが良くなります。
  • 位置が決まったら、額縁のフック位置を計算し、「石膏ボード釘」や「貼ってはがせるフック」などを使い配置します。

よりセンスアップしたフォーカルポイントになりますね。

 

 

 

○アートが気軽に買える家具屋さん

最近はアートが買える家具屋さんも増えてきました。
家具ショップIDEEでは、アートの選び方やアートのある暮らしを提案しています。
ポスターから一点もののイラストや版画・写真やオブジェなど、素敵な作品が揃っていてインターネットで気軽に買えるのが便利です。
写真は、IDEEでピカソのレプリカを購入。

ダイニングの照明に合わせて額縁も黒を選んでいます。
アートを変えるだけで壁が華やかな雰囲気になりますね。
IDEE:https://www.idee-online.com/shop/c/ch0/

 

洋服を選ぶように壁や棚に好きな作品を飾りアートのある暮らしを始めてみましょう。
秋の夜長にアートを眺め、好きなインテリアに囲まれてゆったりとした時間を過ごすことで心も整う暮らしが実現しそうですね。

関連記事:実録!失敗しないおしゃれなアクセントクロスの選び方
https://refine-homes.com/column/post-544/

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 森下純子
http://www.angeluxes.net

 

 

 

  • インテリア

コラム一覧へ戻る