menubtn

Refine Lab

Column

大掃除ででた不用品 気持ちよく手放すためには?

2018年も残すところ、あとわずか。
「今年の汚れは、今年のうち」にと、年末は大掃除に励むご家庭も多いですよね。
ですが、大掃除の際にでた不用品の手放し方が分からず、手元に置いたままでは、気持ちよく年を越せませんね。
自分にあった手放し方を見つけ、気持ちも空間もスッキリして、新しい年を迎えましょう。

 

 

夢のある手放し方:時計、携帯電話、炊飯等の小型家電

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックとても楽しみですね。
「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」はご存知ですか?

廃棄される家電の中には有用な資源(レアメタルなど)が含まれていることがあります。
都市で廃棄されるそれらの資源を鉱山に見立て、都市鉱山と呼ばれています。
東京オリンピック・パラリンピックでは、全国各地からリサイクル金属を集め、約5,000個の金・銀・銅メダルの製作が予定されています。
リサイクル金属をメダル製作に活用することで、環境に配慮し、持続可能な社会を目指すなんて、素敵な試みだとは思いませんか?

プロジェクトの参加方法は、全国のドコモショップでの回収、参加自治体等による回収、宅配回収と3通りあります。回収先により、受付できるものも異なりますので、HPをご確認の上ご参加ください。

わが家では細々したものが多かったので、地元区役所の回収ボックスに。これらは、家庭ごみとして出すことも可能ですが(お住いの地域により異なります)、資源としていかすことが出来る上に、「メダルになって、応援している選手の首にかかるかも?」なんて夢があります。

 

 

  • お楽しみに変わる手放し方:衣類、寝具、タオル

もう着ないと思っていても、まだ綺麗な衣類は手放すのを躊躇してしまいます。
また、寝具やタオルは、いつが手放し時なのか迷ってしまいます。
無印良品やユニクロでは、自社製品に限られますが、店舗に回収ボックスを設置しているので、お買い物のついでにサッとだせて便利です。
大手スーパーなどの引き取りキャンペーンを利用するのもいいですね。
こちらは、衣料に限定されていることが多く、期間が決まっているので、事前の確認が必要です。

H&Mでは、自社製品以外の衣類や、寝具・タオルも受付可能です。
袋に詰めて持ち込むと、3000円以上の購入で使用できる500円の割引クーポンをもらうことができます。(1日最大2枚まで)
大掃除を頑張った後のご褒美に、お買い物を楽しむのもいいですよね。
H&M 衣料回収プログラム

 

 

・子ども達の笑顔に変わる手放し方:毛糸、布、折り紙、色紙

編み物や縫物をする時に、販売単位や柄合わせのために、材料を多めに購入することがあります。
もう使わないと分かっていても、未開封のものや綺麗なものなので手放しにくいものです。

地域にもよりますが、子育て支援をされている団体の中には、地域の子ども達のために、布オモチャや、人形劇・エプロンシアターなどを手作りされている団体があります。友人が子育て支援団体の代表をしておりますが、布や毛糸、色紙や折り紙などの材料費の負担は大きいと言います。
その話を聞いてから、幾つかの団体に寄付をしました。
ずっと手元に保管していたものが、絵本のキャラクターや、子ども達のクリスマスプレゼントに変わり、とても嬉しかったです。

もし、お近くに子育て拠点や、読み聞かせ会などのイベントがありましたら、思い切って声をかけてみてはいかがでしょうか?

 

 

手放すための方法は、たくさんあります。
手軽にできることもあれば、少し手間がかかることもあります。
大切なのは、『自分が納得して手放せる』ということだと思います。ぜひ、ご自身の手放しやすい方法を見つけてくださいね。
そのお手伝いが出来たなら、嬉しいです。

 

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 佐藤美香
http://www.angeluxes.net

 

  • ライフオーガナイズ

コラム一覧へ戻る