menubtn

Refine Lab

Column

子供の行動・動線を活かして、散らからないリビングに

家族の中心の場、リビングルームには色々なモノが集まってきます。
お子さんがいる家庭では、なおさらではないでしょうか。
今回は子供の行動を活かして散らからないリビングにするヒントをお伝えします。

 

〇動きを書き出す

帰宅後、お子さんはどこでコートを脱ぎ、バックを置いていますか?
ただいま!と帰ってきたらコートをソファにパサっと掛け、カバンを床の上に置く。
手洗いをしたらすぐにおやつを食べ始め、宿題は後回し。
声掛けをしなければコートやバックはリビングに次の日までそのままの状態ということもあるのではないでしょうか。

一つ一つの動きを書き出してみましょう。
思い起こすことが難しい場合は、ぜひ一緒に動いて実際に確認してみてください。
お子さんの気づいていなかった行動のクセが見えてきます。ポイントは、おはよう3分、ただいま3分等、何か次に移るときの動き出しから約3分間を意識してみること。
この3分が抑えられれば散らかることが減ります。

行動の書き出しが済んだら、それを間取りに書き込んでみましょう。
一緒に行動パターンを俯瞰して見ると、子供部屋ではなくコート掛けをリビングにつくり、その横にバックを置く定位置を作るというように明確な改善点が浮かび上がってきます。

 

 

〇出来ていることを活かす

それでもついつい置いてしまうモノはそこが定位置!
生活の中に溶け込みやすく、収納しやすい方法を考えてみるのはいかがでしょうか。
我が家の場合、娘がリビングで着替えをします。朝の身支度、お風呂上りの着替えと常にパジャマがソファの背のところに掛かっています。
タンスや洗濯カゴには入れられなくてもパジャマをソファに置くことはできる。
そこでパジャマの定位置をソファにしてしまいました。
インテリアに溶け込みやすく、かつ子供も使いやすい投げ込み式のボックスを使っています。
出来ないことではなく子供が出来ることを逆に活かすのも散らからない方法の一つです。

 

 

〇使う範囲、場所の判断基準

おもちゃなど、どうしても散らかってしまうモノは使う場所の範囲を決めると子供に伝わりやすいです。
カラーラグの上で遊ぼうね!と伝えたり、テーブルやソファで空間を区切るのもお勧めです。
また、親の思いと子供の行動パターンが合わない場合はモノの場所を変更することがあっても良いのではないでしょうか。
例えば絵本をリビングで読むのを理想として本棚を置いたものの、外遊びが好きな我が子は就寝前しかじっと絵本の読み聞かせに耳を傾けませんでした。
そこでベッドサイドに本棚を置くことにしました。

 

子供の行動に合わせて使う範囲、場所を変える。~するべき!ではなく柔軟に対応してみるとお互い気持ちが楽になりますね。

 

 

収納とインテリアで暮らし最適化
株式会社アンジェ・リュクス 黒坂 沙由理
http://www.angeluxes.net

 

 

 

  • ライフスタイル

コラム一覧へ戻る